成長心理学

心理学的知見を用いて、悩んでいる人を応援するブログ

会話が続かない人は喋らなくてもいい。

会話が続かない人は、自分から話すことを意識しすぎているように感じます。

 

これだと悩みこんでしまって結局何もでてきません。

 

では、会話において重要なこととはなんでしょうか?

 

それは相手に話させることです。

 

 

会話が続かない人は喋らなくてもいい。

 

自分から話す話題が見つからないときは、相手のことを聞くようにすると良いです。

 

人は小さいことから話すことばかりに注目しすぎて聞くことをおろそかにしています。

聞くことはだれでもできると思われており、聞くことについて教えてもらった人はほとんどいないと思います。

 

実は聞くことはかなり難しいことを知っておいてください。

 

しかし、聞くことにはいくつかのルールがありそれを学べば、聞くことを勉強してこなかった人をコミュニケーションで超えることができます。

 

 

聞くスキルとは

 

聞くことを学ぶ上で重要なことが3つあります。

① 「聞くこと」とは相手から情報を得ること

② 「聞くこと」によって相手を喜ばせる。

③ 「聞くこと」ができると相手との関係性が安定する。

 

 

① 「聞くこと」とは相手から情報を得ること

話を聞いたら情報が得られます。

その情報をつかって質問をします。

 

こうすることで相手に喋らせることができて会話が続くようになるのです。

 

 

② 「聞くこと」によって相手を喜ばせる。

これは相づちが大事だということです。

 

自分から質問をして、相手に喋らせているのに下手な相づちをしていると

相手は喋るのが嫌になります。

 

相づちは自分から相手へ送る報酬だと考えてください。

 

難しいように思えるかもしれませんが簡単なことです。

 

相手の話に興味があることを示すだけで大丈夫です。

 

ただし大きすぎるリアクションはNGです。

 

 

③ 「聞くこと」ができると相手との関係性が安定する。

相手の話を聞いていると、相手はあなたに対して””自分のことをよく知っている人””という認知するようになります。

 

自分のことを理解してくれている人は付き合いやすいと感じるのはあたりまえでしょう。

 

こうすることによって相手とあなたとの関係は安定していきます。

 

 

何を聞けばいいのか

 

これはぼくには分かりません。

人それぞれの環境によって相手とのコミュニケーションは変化します。

 

ただよく「開いた質問」をすべきということが言われています。

 

開いた質問とは「はい」「いいえ」で答えられない質問のことです。

例えば

休日どんなことをした?

昨日の会議どうだった?

といったものです。

 

このような質問をするのが良いという意見はその通りだと思います。

 

しかし、このような質問をすることにとらわれすぎて話せなくなるようでは意味がありませんよね。

 

なので慣れるまではどんな質問でも良いと思います。

たいていの人は「はい」「いいえ」で答えらえる質問をしてもいっぱい喋ってくれます。

 

ひとつ質問の例をあげておくと

前回に会話したことについて聞くと質問しやすいかと思います。

 

例えば

前回に音楽の話をしたのであれば「この間、音楽好きって言ってたけどなにか楽器やってる?」といった会話です。

 

 

聞くことのルール

 

相手の話の聞き方を間違えると(会話に正解はありませんが)相手を不快にさせてしまいます。

うまく喋れている人でも聞くことのルールができてない人が多くいます。

 

このルールはとても仲のいい人同士の会話であれば別に守られなくても上手くやっていくことはできますが、もしかすると相手は不快な気分になっているかも知れません。

 

 

1 相手の会話を途中で遮らない

いきなり「ギクッ」と思った人もいるかもしれません。

 

「ああ、その話知ってるー」

といって相手の会話を切る人をよく見かけますが、あれは話している側としては最後まで話したいのにと思っているものです。

 

最後まで聞いてから言葉を返してあげましょう。

 

 

2 いきなり話を変えない

相手の話を聞いていると自分も話したいことがでてきて話を変えたくなることはよくあります。

 

しかし相手も重要なことを話しているのでこれも最後まできいてあげることが大切です。

 

 

3 相手の意見を道徳的に非難しない

「その考えは甘えすぎ!駄目だよ!」

「そんなことをしているようじゃ君はダメだよ」

 

こんなことを言われると相手は話したくなくなります。

極力、すべてを受け入れるような態度で聞いてあげましょう。

 

ただ相手を非難しないように、自分の意見を言うことはコミュニケーションをとる上で大事なことです。

 

 

時間的圧力をかけない

話している途中に時計をチラチラ見る人のことです。

 

自分は無意識でやっているだけでも相手は結構ストレスがかかります。

急いでるのかな?と思われて会話を終わらせなきゃと思われます。

 

あなたが本当に急いでいるのであればこれは効果的ですが(笑)

 

 

ということで以上になります。

この記事のことを実践しているうちに自然にあなたは聞くことの上級者になっていると思います。

実践しやすいものからしていってみてください。