成長心理学

心理学的知見を用いて、悩んでいる人を応援するブログ

仕事を辞めたいと思うことは、理想に近づくということ

今、あなたが仕事をやめたいと思っているなら、辞めるべきです。

 

なぜなら、その仕事はあなたの性格にあってないからです。

 

性格にあっていないから満足感がなくなり、辞めたいと思う。

 

このまま、今の仕事続けてもあなたが思い描く「理想」にはたどり着けません。

 

 

仕事を辞めたいと思うことは、理想に近づくこと

 

なぜ、仕事を辞めたいと思うことが、理想に近づくことなのか?

 

それは、人にはそれぞれ仕事に対する信念があるといわれています。

この信念は3つあります。

 

・経済人モデル

・社会人モデル

・自己実現モデル

です。

 

あなたが仕事を辞めたいと思う理由は、今の仕事が、あなたの理想とする信念と一致してないことが考えられます。

 

なので、あなたが仕事を辞めたいと思うことは、自分が”理想”と考える信念に近づこうとしているということです。

 

では、3つの信念の説明をしていきます。

 

 

経済人モデル

これは仕事をすることは、「お金を稼ぐこと」という信念をもつ人です。

 

仕事に対して、経済人モデルの信念をもっている人は、給料が低いことを不満に感じて仕事をやめたいと思うようになります。

 

このタイプの人は、「とにかくお金がほしい」と思っています。

なので、特に「自分のやりたいこと」などもないし、「周りの人たちと楽しく仕事をしたい」という気持ちも薄いです。

 

 

社会人モデル

このモデルの人は、仕事に対して、単なる金儲けという考えではなく、自分の居場所を会社に求める人です。

つまり、仕事を通して周囲の人から認められたいと感じています。

 

このモデルの人が仕事を辞めたいと思う一番の原因は、「人間関係」です。

 

職場の居心地が悪いと、自分の居場所を見いだせず仕事をやめたいと思うようになります。

 

 

自己実現モデル

自己実現モデルの典型的な例が、夢を追う人です。

 

この人たちは、働くことを通じて、自分の個性や能力を高めて発揮したいと考えています。

このモデルの人は自己実現できる仕事に就くと、仕事に対して能力を遺憾なく発揮します。

 

なぜなら、自己実現モデルの人は、仕事から得られる価値が他のモデルより多いからです。

例えば、仕事をすること自体から満足感が得られるし、この満足感から遂行量が増加します。

遂行量の増加が成果をもたらすこともあるでしょう。

成果がでると承認されてさらに意欲があがります。

 

このタイプの人が仕事を辞めたいと思う理由は、現在の仕事に対して、自分の能力が活かせていないと感じているからでしょう。

 

 

自分の信念と一致する仕事を探す

 

自分の仕事に対する姿勢が、どのタイプか分かったら、それに適した仕事を探すだけです。

 

経済人モデルなら → 給料の高い業界を調べる

社会人モデルなら → 今の職場に人間関係を見つめなおすか、転職を考える

自己実現モデルなら → あなたの個性や能力を発揮できる業界を探す

 

という感じです。

 

 

今の仕事を踏み台にするという選択肢

 

もし、もう少し今の職場にいる元気があるのであれば、今の仕事を踏み台にして次のステップへ進むという選択肢もあります。

 

どの仕事でも、やはり知識や技術を吸収するところはあります。

 

あなたは、今の職場から技術や能力を吸収したと感じていますか?

もし感じていないのであれば、今の職場で奪えるものを奪って、次に進むといいと思います。

 

なぜなら、次にする仕事に、今まであなたがやってきた仕事の能力を掛け合わせることができるからです。

そうするとあなたの技術の幅が広がり価値があがります。

 

 

 

ということで以上になります。

仕事が本当に辛いと感じている人は、次の仕事に移行する前に少し休むことも考えたほうがいいかもしれません。

 

休んでいる間は、自分自身を見つめなおす時間になると思います。

それも必要な期間ですので、選択肢として考えてみてください。