成長心理学

心理学的知見を用いて、悩んでいる人を応援するブログ

話すことがないなら、相手に話させよう【最強のコミュニケーション術】

f:id:sinrinotie:20190913172251j:plain

 


この記事は、話す話題がなく、なにを話せばいいか分からないと感じている人へのものです。

 

話すことがないなら、相手に話させよう

 

自分の喋りたいことは、相手が話している時に、思い出します。

 

あなたが普段、自分の話したいことを思いだす時は、どんな時でしょうか?

 

ほとんどが、相手の話を聞いている時に、その話に関連した話題を、思い出していると思います。

 

なので、話題が浮かばないのであれば、相手に何か質問をして、自分の話題を思い出すという方法を知っておくと役に立ちます。

 

質問することで印象が良くなる

 

実は、ほとんどの人が喋りたがりです。

相手の話を聞いているより、自分の話をしている時の方が、楽しいです。

 

ということは、相手の話を聞ける人は、相手を楽しませることができるということです。

 

なので、質問をして、相手に話させることで、相手は「あなたといると楽しい」と感じるようになり、あなたの印象が良くなります。

 

話せないという自覚がある人こそ、”聞く”べき

 

相手とコミュニケーションをとるには、「話す力」と「聞く力」の2つが必要です。

 

しかし、もしかすると、この記事を見ている方は、話す力に自信がないのかもしれません。

 

もし、そうであっても、全然大丈夫です。

聞く力の方を極めれば良いだけです。

 

先ほども述べたように、ほとんどの人が喋りたがりです。

なので、聞く人は人気ものになりやすく、印象も良くなります。

 

コミュニケーション能力が高い人というと、”達者に喋れる人”というイメージがありますが、聞ける人もまた、そうであるということを知っておいてください。

 

相手に話させることは、そう簡単じゃない

 

そもそも最初に、質問する内容が、浮かばないという問題もあると思います。

 

この問題は、ネタ帳を作ることで解決します。

相手に合わせた質問を事前に考えておきましょう。

 

 

難しいのは、最初にした質問に対して、相手に長く喋らせる方法です。

これができないと、せっかくした質問の話題が一瞬で終わってしまいます。

 

この方法については、下記の記事にまとめてありますので、参考にしてみてください。

 

www.saikyoninkgen.work

 

聞く力も身に着けたいという人へ

 

聞く力に関して下の記事にまとめました。

よろしければご覧ください。

 

 

www.saikyoninkgen.work

 

聞くことは、最強のコミュニケーション術

 

聞く力を身に付けると、ほとんどの人と良い関係を築けるようになります。

また、自分が話したいことを思い出すための手段としても使えます。

 

ぜひ、コミュニケーションを、話すことのみに絞らず、聞くことも視野にいれて、この記事の内容を実践してみてください。

 

ということで以上になります。